読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIBIHA

つづしつづらんつづらおり

エチュード家

昨日の延長をやってる間に今日がきてしまった。何をしたでもないのに「犬は吠えるがキャラバンは進む」のアルバムが、もう最後のローラースケートパークまで進んでいる。
地上の夜が終わって、カウボーイ疾走の朝がきた、そういう慌ただしさに天花粉で横槍を差そう。
とてもいい匂いだ。

キャベツを炒めるtodoは今しがた断念した。
天気読みしてoutfit of the day はラガーシャツにしようと考える。

向日葵はゆれるまま、紫陽花の風景も梅雨が過ぎれば飛ばされていってしまう。
もうすぐ初夏がはじまる。苺を模したイヤリングはいつの間にか売り切れて、いつか海辺で失くしたフラミンゴのそれに代わる。

今年の夏はどうしているだろうか、そのことばかりが頭をよぎって仕方がない。
線香花火をすることはあるのか、今度こそ祭りの魔法に酔えるだろうか、天使たちのシーンを目撃できるだろうか、さまざまなウリ科の果物をいったい誰と食べているのだろうか、夏のfloraってなんなんだ。

考えてもしかたないような、自分次第な未来のことばかり。残り少ない18にあとどれだけ経験を凝縮できるか躍起になっている。誰かに鼓舞してほしくなる。考えることはやめにして、「暗闇から手を伸ばせ!」と。


小沢健二のファーストアルバム「犬は吠えるがキャラバンは進む」収録の7つの曲名を組んでみました。)
犬は吠えるがキャラバンは進む - Wikipedia

おすすめのNIGHTCORE<壱>

 

どうやら今年はNIGHTCOREがキテるらしいのですが、夢中になって一年以上経つのに、他ジャンルのように、「おすすめのNIGHTCOREのアーティスト」という形でまとめられているのをあまり見かけない気がします。youtubeを埋め込んで曲単位では紹介されていたりするけれど、個人的にはsoundcloudでアーティストやレーベルを追って聴いていく方が好みなものに出会いやすいように思うので、僭越ながらも、NEST HQのプレイリストをガイドとして、おすすめのナイトコアの紹介を試みました。情報量だけは盛り込んだので、少しでも役に立てば幸いです。 (ただ、自分の好みを大いに反映していますのでご了承ください。)

 

これからNIGHTCOREを聴くぞ〜って方は聴いておいて間違いないリストです。

まずトップに出ているのは、 MANICURE RECORDS (プレイリストにも、FIJIlilangelboiの曲が入っています)から、BPM181でこれぞナイトコアなアンセム個人的にはこのレーベルでは、lilangelboiが好きです。この曲など、アイスクリームのアートワークのイメージ通りキュートで、でもちゃんとguiltyしてます。

 

boiつながりでは、日本のhealthy boiさんもホットだと思います。途中からの急展開が◎

 

この曲は、今をときめくpiccoloさんによる、先日リリースされたばかりのNXCMIXにも入っているのですが、piccoloさん自身のナイトコア曲も、アクセルをふかした盛り上がりで楽しいです。勧めてもらって聴いたら、今では虜です。いちおし! 

 

ちなみに、MANICUREとの関係は把握していないのですが、PEDICURE RECORDS もあります。こちらは、NON STOP NXC という別のレーベルとの共作コンピレーションが特に良いです。

 

NON STOP NXC は幅広くいろんなアーティストの曲に出会えるレーベルだと思います。わりと軽めな曲が多いです。 

 

そして外せないのが、このNEST HQのプレイリストの解説も書いているFAN FICTION。音圧がしっかりめのナイトコアをコンスタントにリリースされています。RAVE TOOLZからリリースした曲も、ナイトコアがベースになっています。

 

lolica tonicaの名曲「make me feel」のK Bowリミックス、をさらにナイトコアにした曲などもあります。

 

このように、アルファベットを数字に置き換えた曲名はナイトコアの目印といえると思います。特に、2つ前にも名前が出てきたSTARFINの曲は、ほぼ全てがそういう表記なのに加えて、アートワークも統一されていて特徴的です。STARFINは、さまざまなジャンルの曲をライトに仕上げている印象です。こちらの原曲はK-POP

 

K-NXCで特筆すべきは、やはり日本のYONEDAさんです。 K-POP以外も曲選が見事で、フロア直結型チューンが多いです。これまたいちおし! 

 

それから、アジア圏では、台湾(?)のHOJOのつくる、日本語の早回しでありながら耳馴染みのいいハイテンションな曲が楽しいです。こちらは偽物語のOP「ふたことめ」のナイトコア。 余談ですが、HOJOは近々日本で観れそうです。

リリースは NITE CORPから。このレーベルは曲単位ではなく、テーマを決めてコンピレーション形式でハイペースにリリースしています。この曲が入っているのは「LOVE」というテーマのもの。ロゴもめちゃくちゃ可愛くて、音楽とあいまってハッピーになります。

 

このNITE CORPを立ち上げたメンバーのひとり、cool teensも欠かせません。 低音もしっかり効いていてまとまりのある良曲が多いです。

dream boiとの共作のこちらもナイス。

 

同一人物かはわからないのですが、cool tweensもいます。 この曲は特にポップなにぎやかしで聴きやすいです。

 

また、NITE CORPはMIXもたくさん出しています。特に好きなのはこれ。SKEWFIELD(ѕкєωƒiєℓ∂)の、透明感のある爽やかな雰囲気が魅力。いちおし!

 

SKEWFIELDは、PORTER ROBINSONのSHELTERの幽玄ナイトコアもつくっています。

 

ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございます。

(このプレイリストは2年前のものなので)次回は、最近の曲を中心に紹介していきたいと思います。

あまり良さが伝わるような文章が書けないのが本当に残念です。

曲だけまとめたので、とにかく聴いてみて下さい。 

 

soundcloud.com


 

 

fata morgana(ファタ・モルガーナ)

 

楽しくなっちゃったのでまたやってみます。

 

今回は「追風用意」「恙(つつが)」「カオリンパップ」の3つ。

 

続きを読む

泉・蟻のみ

飽きもせず言葉を採集しては一語ずつフェルトペンで大きく書いた札がついに500枚ほどになりまして。大して多くない気もするけど、せっかくなので何かやってみようと思い立ったので、試してみます。

500の中から無作為に引いた3つの単語を使って小咄を書こうというベタなもの。

 

f:id:togano-com:20170403003850j:plain

 

今回は「怜悧」「いたちの道」「リリカル」

 

よしゃ〜いってみよっ

(思いつきなのでとってもあやふや、雰囲気のみ) 

 

続きを読む

尻が嫌いだ

基本的に悪口は言わないようにしているが、どうしても許せないものがある。これは言ったところでそれほど誰かを傷つけたりしないような気がするので、言わせて下さい。
尻だ。いや、尻と口に出すのさえはばかられる。尻あらため臀部だ。
何をそんなに深刻な顔をして臀部を批判するのかと自分でも不思議に思うが、このうらみ方は妄執にも近い。でも仕方がないと思う。だって実際片時もこの脂肪片は離れてくれることがなく、それとなく存在を示し続けてくるからだ。椅子に座るときやしゃがんだときなどに、仕事はちゃんとしてますよ、とビジュアル的にも実感的にも「それとなく」アピールしてくる、この妙な「それとなさ」が腹が立つ原因のひとつだ。筋肉や脳はそのようなアピールをすることなく黙って自分の任務をこなす。ときどき不調になった時だけ音を上げてしんどさを訴えてくる。なんとも健気だ。それでこそ調和を保った身体だというものだろう。
そして、形状や材質のまぬけさ、これがネックだ。ただでさえ欠陥の多い人間に、さらにウィークポイントを増やしてくるところが腹立たしい。せっかく筋肉を鍛えても、なんとなくここをつかんだときに、ああ…まだこいつがいたかと脱力してしまう。同じことは太ももにも言えるけど、太ももは普段シルエットとしてそれほど主張してこない。でも臀部は違う。ぷくっとしている。まっすぐの線をかき乱す唐突なふくらみ、これさえなければもっとフラットでぺらぺらな身体になるのに。ここには大いに自分の理想のプロポーションが影響しているけど…。
臀部についてのいちゃもんはまだまだあるけど、立場を守ったまま言えることは意外に少なかった。

ただ臀部が、機能的に不可欠だと言うことは頭ではわかっている。日々これのおかげで椅子に座っても軽くこけても、骨を折ったり体を痛めたりすることなく穏やかに過ごしていられるのだと。でも嫌なのだ。「生理的に〜」という表現は今までずっとしっくりきていなかったが、まさにそれなのかもしれない。それでいて、臀部という体の一部についてだけでこんなにも語れてしまうのだ。というより、他のパーツについても語れるような気がしてきた。「がんばり屋さんでけなげな心臓」みたいなテーマの文章、その気になれば書けたりする気もする。

はじめて始発に乗った

火曜日に、始発(の次)の電車、乗った。

ちょっと思ってたのと違ったけど、面白くはあった。

山をひとつ越えた隣の府のターミナル駅まで行って、そのまま逆方向の電車で引き返して学校に行くことにした。 いつもの駅までの道のりは完全に夜道、少なくとも自分には朝の気配は見つけられなくて、その中を制服で歩いていくのはとても異様な感じだった。大通りは信号が消えていて、もちろん人は2人ほどしかおらず、滅亡後の様相すら呈していた。 

行きしなは真っ暗であんまり何も見えなくて、何よりテスト当日だから勉強していて景色ばかりも見ていられなかった。復路はいい塩梅。ちょうど日が昇って山の端の空にグラデーションが綺麗だった。見下ろす都会の街もやっと目覚めたように瞬いていた。

田舎の路線だし平日だったのもあって、あまり訳ありそうな人もいず、早朝出勤の男の人が多かった。皆淡々と新聞を読んだり本を読んだりゲームをしたり日中と変わらないことをしている。 自分にとってはまさに非日常の始発電車も、毎日これに乗って出勤する人にとっては日常なのだと思うと、ひとりひとりの時間軸の違いの大きさを感じて、そんな別々の時間軸を持つ人たちがこうして同じ場所に共生していることに少し感動した。

期待していた朝帰りの人たちの不思議な連帯感みたいなものは、休日にしか見れないようだとひとつ学習して、珍しく時間に急かされない清々しい気分で学校に向かった。太陽の光にこんなにほっとしたのは初めてだった。

 

話は変わって、こちら、どの曲も素敵で驚くほどの良いコンピレーション。都会がテーマだそう、だけど、喧噪の中のそれじゃなくて、少し眠りかけの都会って感じかなぁ。本当に素晴らしいので聴いてみて下さい。

 




本気になりました




祖母宅で無礼な(だと自分は感じた)父のことを母に電話で話していると、怒りか悲しみかわけもわからず泣けてきてしまった。でもなんか心の奥にある温かい部分が溶け出したような涙だった。いつからか自分はすごく涙もろい。

あとやっと本気の本気で勉強すると決意し実行しはじめたところ。天秤が勉強の方に完全に傾いた。きっとやり遂げたい。