KIBIHA

つづしつづらんつづらおり

かにかま園

扇子が折れた。去年の夏父がくれた少し高価な扇子だった。

どこかの路地裏、折れた軸を弄びながら向かいのブロック塀を見ていた。

センス、の響きはメンス、と似ている、とか、どうでもいい連関ばかり見つけては、いい気味になってしまう。

「ところでさ、」

誰かが言う。「なんで、何もしてないの?」

「え、だって…」

“しどろもどろの言い訳をする”用のカンニングペーパーすら手元には用意してない。

さっき食べたアイスクリームのカップのふちがもうふやけていた。残りを丁寧に舐めた。暑い。

「ちょっと寝たら」

「うん」

古典的なコテン。

「じゃなくて」

「それは比喩」

じゃばじゃば…と向こうの方から水を流す音が聞こえてくる。

さすがに頭が茹だっている。打ち水とはほど遠い量の水が流れてきた。

「あわわ」

少し混じる塩素の匂い… 水色のサンダルはどこかにいって、爪の半月が綺麗になっていた。


なんでも、失くしてもすぐに取り返せると思い込んでいて、だから、何も大事にできない。

ぎ、と心臓に立つ白羽の矢、そのままもっていかれそうになって、待ったをかけては、ひとつ失う。

「バー食べたとこだけど、どう」

バー食べたのはそっちだけだけどな。

「余裕しゃくしゃく、緑の部分までちゃんと食べます。種は庭に植えます」

「うん。そうしな」

繰り返し再生される架空の縁側の風景。その辺にちらばってるヒマワリの種。

ちぎれては再生を繰り返す雲みたいな、愛情のこもったナンのような、そういう精神性。

皮だけ陽気な瓜の8分の1がどうしようもなく残った。

ずっと見つめていると、この世の理不尽を音叉に打ち付けたようにユウウツが増幅されてぐわんぐわん頭を揺らした。

ユピテルユピテル、虚ろな目で唱えては、すぐに落ちそうな気持ちになる。

「これからどうしようか」

「あ、そのことばは」

一番好きだった。次の想像、あっという間にヨットに乗っていたりするから。

「そうだな…ちょっと神社に行くのはどうか」

「神社でジンジャーエールといこう」

プルタブを引く音。プロージット!


「これからどうしようか」

日が暮れて、もう無邪気な風は吹かない。考えなしに水たまりに飛び込んでも、許してくれない。

神隠しの時間になって、1か0がどっかからか決断を迫る。

「どうしようかなぁ」

玉砂利を擦って古びた長襦袢が通過する。そっと未来を透過する。

「裾をからげればいいのにねぇ。そうだ、唐揚げを食べるというのは」

返事はない。

「大粒岩塩の振ってある牛肉でもいいよ」

さぁ…と小さな石や砂までもが汚れた着物を追う。どうして?

「じゃあ海!海だよ!夏だし、やっぱ特急乗ってどっか行きたいよ。」

大声で叫ぶと、ほら貝に耳を当てたときみたく潮の遠鳴りが聞こえる気さえする。

でも風は砂を巻き上げてどんどん強くなる。

「あ~あ」

宙をあおぐ。扇子が飛ばされていくのが目に入った。

もちろん返事はいつまでもない。



f:id:togano-com:20170712151046j:plain:w250


(すぐに取り戻せると思い込んで取りに行かなかったら取り戻せなくなったものの卑近な例)

東長崎

今週は、5コマも授業に出られなかった。

もう再履の覚悟を決めたに等しい。

一週間で一番楽しみな金曜日なので、かなり学校に行きたかったけど、

けっきょく行けずに家にいた。

 

でも夏の夕方、お風呂上がりに薄着で外に出るのは最高に気持ち良い。

近所でも、どこか温泉旅行に来ているような気分になる。

 

***

 

はぁ~旅行に行きたいなぁ。

そんで縁側で浴衣着ためっちゃ可憐な少女に膝枕してもらいたい。

というよりも、海の近くで花火を見ながらのそういう構図に、憧憬の念が長いことある。

尾崎翠の「初恋」という話を思い出す。

祭りの夜、盆踊りの輪に、綺麗な人を見つけてあとをつけていくと…というあらすじで、

ただ月光と長襦袢が僕に夢を売りつけたのだ。

と締めくくられる短い掌編。とても好き。

 

泊まるなら、「ニュー熱海」みたいな、平易なカタカナのついた名前の旅館がいいな。

(熱海のイメージ) 

ホテルニュー淡路とか、ホテルニュー大倉とか、

ニュー+地名の相性ってなんでこうも絶妙なんだろう。

 

***

 

フィルムカメラの現像を待ちながら、東長崎を散歩した。

同じ沿線に住みながら、特に降りたことはまだない駅だった。

f:id:togano-com:20170624011731j:plain 

踏切のところで建物を眺めてると、なんだかここはよさげだなぁと思った。

ラムネの包み紙みたいな、のどかな色をしている。

 

f:id:togano-com:20170624011803j:plain

 

f:id:togano-com:20170624011753j:plain

歩いていくと、八百屋と肉屋と布団屋と電気屋と各種あって、

それらがちゃんとそこに住む人の生活のために機能している印象だった。

スーパーや薬局もあるけど、チェーンでない独特の雰囲気の名前で、庇の基調色は赤で。

TSUTAYAとかも、どこか一昔前のさびれ感があって、町に馴染んでいた。

 

でも、たまにアジアの香辛料の専門店があったり(外国の人がやっている)

こういうカラフルなシャッターがあったり、アトリエがあったりもする。

f:id:togano-com:20170624011742j:plain

  なんか、湯上がりのテンションのせいもあって、何にでも懐かしさを感じた。 

 

学校帰りのようなセーラー服の女子高生が細い路地に消えたので、あれっと思ったら、

和菓子屋のショーケース越しにお兄さんと話していた。

引き返す時にもう一度通ると、母親と思われる女性と一緒に店の外で立ち話をしていた。

昔読んだ本の中で見たような光景が目の前で展開されていて、胸が少し熱くなる。

地元にはあるようでない類の郷愁があった。

(これはおととしの夏くらいに國定教科書の看板をはじめて生で見て感動した写真) 

f:id:togano-com:20170624023735j:plain

家の中だけでなく、路面にも生きている日常が息づいている、と感じるような、

いい意味で生活感にあふれた町だった。

豆を挽いてる機械を子どもがじっと見てる、

そういう何気ない風景が、ちょっと疲れた心に沁みた。

急行は止まらないけど、次に一人暮らしするならここがいいなぁ。

 

帰り際に野良猫が通ったりして、あまりに「できすぎてる」と思うくらいだった。 

f:id:togano-com:20170624011815j:plain

せっかくなので、今度行った時には祖父がくれたフィルムカメラで写真を撮ろうと思う。

 

エチュード家

昨日の延長をやってる間に今日がきてしまった。何をしたでもないのに「犬は吠えるがキャラバンは進む」のアルバムが、もう最後のローラースケートパークまで進んでいる。
地上の夜が終わって、カウボーイ疾走の朝がきた、そういう慌ただしさに天花粉で横槍を差そう。
とてもいい匂いだ。

キャベツを炒めるtodoは今しがた断念した。
天気読みしてoutfit of the day はラガーシャツにしようと考える。

向日葵はゆれるまま、紫陽花の風景も梅雨が過ぎれば飛ばされていってしまう。
もうすぐ初夏がはじまる。苺を模したイヤリングはいつの間にか売り切れて、いつか海辺で失くしたフラミンゴのそれに代わる。

今年の夏はどうしているだろうか、そのことばかりが頭をよぎって仕方がない。
線香花火をすることはあるのか、今度こそ祭りの魔法に酔えるだろうか、天使たちのシーンを目撃できるだろうか、さまざまなウリ科の果物をいったい誰と食べているのだろうか、夏のfloraってなんなんだ。

考えてもしかたないような、自分次第な未来のことばかり。残り少ない18にあとどれだけ経験を凝縮できるか躍起になっている。誰かに鼓舞してほしくなる。考えることはやめにして、「暗闇から手を伸ばせ!」と。


小沢健二のファーストアルバム「犬は吠えるがキャラバンは進む」収録の7つの曲名を組んでみました。)
犬は吠えるがキャラバンは進む - Wikipedia

おすすめのNIGHTCORE<壱>

 

どうやら今年はNIGHTCOREがキテるらしいのですが、夢中になって一年以上経つのに、他ジャンルのように、「おすすめのNIGHTCOREのアーティスト」という形でまとめられているのをあまり見かけない気がします。youtubeを埋め込んで曲単位では紹介されていたりするけれど、個人的にはsoundcloudでアーティストやレーベルを追って聴いていく方が好みなものに出会いやすいように思うので、僭越ながらも、NEST HQのプレイリストをガイドとして、おすすめのナイトコアの紹介を試みました。情報量だけは盛り込んだので、少しでも役に立てば幸いです。 (ただ、自分の好みを大いに反映していますのでご了承ください。)

 

これからNIGHTCOREを聴くぞ〜って方は聴いておいて間違いないリストです。

まずトップに出ているのは、 MANICURE RECORDS (プレイリストにも、FIJIlilangelboiの曲が入っています)から、BPM181でこれぞナイトコアなアンセム個人的にはこのレーベルでは、lilangelboiが好きです。この曲など、アイスクリームのアートワークのイメージ通りキュートで、でもちゃんとguiltyしてます。

 

boiつながりでは、日本のhealthy boiさんもホットだと思います。途中からの急展開が◎

 

この曲は、今をときめくpiccoloさんによる、先日リリースされたばかりのNXCMIXにも入っているのですが、piccoloさん自身のナイトコア曲も、アクセルをふかした盛り上がりで楽しいです。勧めてもらって聴いたら、今では虜です。いちおし! 

 

ちなみに、MANICUREとの関係は把握していないのですが、PEDICURE RECORDS もあります。こちらは、NON STOP NXC という別のレーベルとの共作コンピレーションが特に良いです。

 

NON STOP NXC は幅広くいろんなアーティストの曲に出会えるレーベルだと思います。わりと軽めな曲が多いです。 

 

そして外せないのが、このNEST HQのプレイリストの解説も書いているFAN FICTION。音圧がしっかりめのナイトコアをコンスタントにリリースされています。RAVE TOOLZからリリースした曲も、ナイトコアがベースになっています。

 

lolica tonicaの名曲「make me feel」のK Bowリミックス、をさらにナイトコアにした曲などもあります。

 

このように、アルファベットを数字に置き換えた曲名はナイトコアの目印といえると思います。特に、2つ前にも名前が出てきたSTARFINの曲は、ほぼ全てがそういう表記なのに加えて、アートワークも統一されていて特徴的です。STARFINは、さまざまなジャンルの曲をライトに仕上げている印象です。こちらの原曲はK-POP

 

K-NXCで特筆すべきは、やはり日本のYONEDAさんです。 K-POP以外も曲選が見事で、フロア直結型チューンが多いです。これまたいちおし! 

 

それから、アジア圏では、台湾(?)のHOJOのつくる、日本語の早回しでありながら耳馴染みのいいハイテンションな曲が楽しいです。こちらは偽物語のOP「ふたことめ」のナイトコア。 余談ですが、HOJOは近々日本で観れそうです。

リリースは NITE CORPから。このレーベルは曲単位ではなく、テーマを決めてコンピレーション形式でハイペースにリリースしています。この曲が入っているのは「LOVE」というテーマのもの。ロゴもめちゃくちゃ可愛くて、音楽とあいまってハッピーになります。

 

このNITE CORPを立ち上げたメンバーのひとり、cool teensも欠かせません。 低音もしっかり効いていてまとまりのある良曲が多いです。

dream boiとの共作のこちらもナイス。

 

同一人物かはわからないのですが、cool tweensもいます。 この曲は特にポップなにぎやかしで聴きやすいです。

 

また、NITE CORPはMIXもたくさん出しています。特に好きなのはこれ。SKEWFIELD(ѕкєωƒiєℓ∂)の、透明感のある爽やかな雰囲気が魅力。いちおし!

 

SKEWFIELDは、PORTER ROBINSONのSHELTERの幽玄ナイトコアもつくっています。

 

ここまでお付き合いいただき本当にありがとうございます。

(このプレイリストは2年前のものなので)次回は、最近の曲を中心に紹介していきたいと思います。

あまり良さが伝わるような文章が書けないのが本当に残念です。

曲だけまとめたので、とにかく聴いてみて下さい。 

 

soundcloud.com


 

 

fata morgana(ファタ・モルガーナ)

 

楽しくなっちゃったのでまたやってみます。

 

今回は「追風用意」「恙(つつが)」「カオリンパップ」の3つ。

 

続きを読む

泉・蟻のみ

飽きもせず言葉を採集しては一語ずつフェルトペンで大きく書いた札がついに500枚ほどになりまして。大して多くない気もするけど、せっかくなので何かやってみようと思い立ったので、試してみます。

500の中から無作為に引いた3つの単語を使って小咄を書こうというベタなもの。

 

f:id:togano-com:20170403003850j:plain

 

今回は「怜悧」「いたちの道」「リリカル」

 

よしゃ〜いってみよっ

(思いつきなのでとってもあやふや、雰囲気のみ) 

 

続きを読む

尻が嫌いだ

基本的に悪口は言わないようにしているが、どうしても許せないものがある。これは言ったところでそれほど誰かを傷つけたりしないような気がするので、言わせて下さい。
尻だ。いや、尻と口に出すのさえはばかられる。尻あらため臀部だ。
何をそんなに深刻な顔をして臀部を批判するのかと自分でも不思議に思うが、このうらみ方は妄執にも近い。でも仕方がないと思う。だって実際片時もこの脂肪片は離れてくれることがなく、それとなく存在を示し続けてくるからだ。椅子に座るときやしゃがんだときなどに、仕事はちゃんとしてますよ、とビジュアル的にも実感的にも「それとなく」アピールしてくる、この妙な「それとなさ」が腹が立つ原因のひとつだ。筋肉や脳はそのようなアピールをすることなく黙って自分の任務をこなす。ときどき不調になった時だけ音を上げてしんどさを訴えてくる。なんとも健気だ。それでこそ調和を保った身体だというものだろう。
そして、形状や材質のまぬけさ、これがネックだ。ただでさえ欠陥の多い人間に、さらにウィークポイントを増やしてくるところが腹立たしい。せっかく筋肉を鍛えても、なんとなくここをつかんだときに、ああ…まだこいつがいたかと脱力してしまう。同じことは太ももにも言えるけど、太ももは普段シルエットとしてそれほど主張してこない。でも臀部は違う。ぷくっとしている。まっすぐの線をかき乱す唐突なふくらみ、これさえなければもっとフラットでぺらぺらな身体になるのに。ここには大いに自分の理想のプロポーションが影響しているけど…。
臀部についてのいちゃもんはまだまだあるけど、立場を守ったまま言えることは意外に少なかった。

ただ臀部が、機能的に不可欠だと言うことは頭ではわかっている。日々これのおかげで椅子に座っても軽くこけても、骨を折ったり体を痛めたりすることなく穏やかに過ごしていられるのだと。でも嫌なのだ。「生理的に〜」という表現は今までずっとしっくりきていなかったが、まさにそれなのかもしれない。それでいて、臀部という体の一部についてだけでこんなにも語れてしまうのだ。というより、他のパーツについても語れるような気がしてきた。「がんばり屋さんでけなげな心臓」みたいなテーマの文章、その気になれば書けたりする気もする。