読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIBIHA

つづしつづらんつづらおり

堂々巡りはやっぱり目が回るらしい


堂々巡りという言葉は、僧侶が祈祷のために寺のまわりをぐるぐる回り歩いたことに由来するらしい。目が回ることもきっとあっただろう。

果たして自分はこの3年間を最大限に活かせたのだろうか・もっと他にできることがあったのではないだろうか、という、自分の中でもう飽きるほどに幾度となく考えてきたこと。もう結論は出ているはずなのに、轍がくっきり残った思考回路を繰り返したどるように、まさしく堂々巡りの思考が未だに止まらない。むしろ、堂々巡りというよりも迷宮入りといった方がふさわしいかもしれない。
気候が翳った心に追い打ちをかける。木枯らしと一緒に寂しさが身体の隅々にまで忍び込んでくる。氷のように冷たくなる手を持て余しては何かにつけて落ち込んでしまう。寒さがしのげる暖かい家があることや懇意にしてくれる人たちへの感謝も忘れがちになる。
家族が見ているトトロの音声が一段と神経を逆撫でする。

この前古着屋さんで買った洋服を着て外で勉強しよう。
祝日にショッピングに出かけたけど、夢の中で近所に服屋を作るほどに恋い焦がれていたファッションの世界は本当まだまだ自分には遠かった。手も足も出なくて、買いたかったアイテムも見つからず消化不良のまま、用意していた予算を残して帰った。
でも、唯一買ったこの服はとっても可愛い。見れば見るほど気に入ってくる。
Universityと書いてるので、大学で着ると考えるとちょっと笑える。
ルーズな感じが好きなので、最近はメンズにしっくりくることが多い。