読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KIBIHA

つづしつづらんつづらおり

尻が嫌いだ

基本的に悪口は言わないようにしているが、どうしても許せないものがある。これは言ったところでそれほど誰かを傷つけたりしないような気がするので、言わせて下さい。尻だ。いや、尻と口に出すのさえはばかられる。尻あらため臀部だ。何をそんなに深刻な顔…

はじめて始発に乗った

火曜日に、始発(の次)の電車、乗った。 ちょっと思ってたのと違ったけど、面白くはあった。 山をひとつ越えた隣の府のターミナル駅まで行って、そのまま逆方向の電車で引き返して学校に行くことにした。 いつもの駅までの道のりは完全に夜道、少なくとも自分…

本気になりました

祖母宅で無礼な(だと自分は感じた)父のことを母に電話で話していると、怒りか悲しみかわけもわからず泣けてきてしまった。でもなんか心の奥にある温かい部分が溶け出したような涙だった。いつからか自分はすごく涙もろい。あとやっと本気の本気で勉強すると…

シリアスに割く

ひょんなきっかけから、動物を殺して食べているということについて考えることになった日だった。昔に森達也さんの「いのちの食べ方」という本を読んで以来、ずっと心のどこかには引っかかっているものの、忙しさや刹那的な楽しみにかまけて、久しく見て見ぬ…

たぶん、自分も

カティサークという言葉は妙に記憶に残っている

村上春樹のエッセイに出てきたお酒の名前。どんなシーンだったかは全然思い出せないけれど、安西水丸さんのイラストの色合いとその単語だけが、ぽっかりと宙に浮かんだように。念願の!スリッポンみたいなぺたんこのスニーカー、手に入れた。足が大きいので…

無題

きっと自分は子供を産むまいと思う。自分の遺伝子を継いでほしくないし、たぶん恩着せがましいから自分の子どもでも愛せない。でも友人に子供ができたら伝えるだろう 特別なことがないときでも何度もしっかりと抱きしめ手をつなぎ頬ずりをして、人の存在を価…

堂々巡りはやっぱり目が回るらしい

堂々巡りという言葉は、僧侶が祈祷のために寺のまわりをぐるぐる回り歩いたことに由来するらしい。目が回ることもきっとあっただろう。果たして自分はこの3年間を最大限に活かせたのだろうか・もっと他にできることがあったのではないだろうか、という、自…

打ち付けなる…

今朝は駅で待ちぼうけ。ちょうど良い空き時間ができたので、不十分だったメイクを足すのに充てたけど、今日は朝風呂をしたため髪も乱れていて、寝不足で顔も上手く仕上がらなかった。このままずっと来ないままで学校に行かないでよくなったらいいのになぁ、…

思い出すことなど

今日は徹夜となってしまいそうだ。去年よく聴いた音楽を聞き直していると、えも言われぬエモーションが、久しぶりにありありとした記憶を伴って湧いてきて、気持ちはすっかり去年の秋に引き戻された。懐かしくて胸が痛む。やっぱり確固とした人生のターニン…

t“win ter”m

寒い季節になると聴きたくなる。(と毎年言っているような気がする)Hi,how are you?は、冷えた懐にすっと忍び込んでくるような温かい音楽を鳴らす二人組。真冬になるとより沁むのだけど、今日はドーピングのような勢いで懐かしい音楽を聴いているので、一足…

土曜の昼っぽい。

今週は、勉強していたはずなのに知らない間に布団に入って寝ていた日が半分くらいあって、日中も居眠りばかりしていた。目覚ましもかけていないのでだいたい寝坊してしまう。一度遅刻してしまった。(今月二度目) 今日もまた記憶なく布団の中にいて、遅刻する…

そういえば昨日目つき悪いって言われたな

firefoxの缶バッチをリュックにつけた。Googleが席巻する今あえてfirefoxなのは少し面白い気がする。そういうわけでインターネットにまつわるこの曲。https://soundcloud.com/2tonedisco/internet-bounce可愛いわけでもない女の子が大声で男の子の見た目につ…

\(^o^)/

蛍雪の友の頼れる二人目。普段はJukeを作られてる人だけど(もちろんそちらもとてもかっこいい)、AORのMIXもとてもスムースでお洒落です。曲やMIXに定番の声ネタがあって、それを聴くだけで嬉しくなるくらいには夢中です。https://soundcloud.com/djnhkguy/…

久しぶりに鼻血が出るほど泣いた。昨日同級生たちのメイクして私服でいるのを見て、可愛すぎて失神しそうになった。同時にどっと無力感に襲われた。頑張っていろいろと施しても、メイクしてる人はおろか、ノーメイクの人にも及ばず、しかも、今はメイクして…

参った

ミラーボールが回ってる場所で、ああ生きててよかったな、今が一生続けばいいのにな、って思いながら、大きな音で鳴ってる音楽に包まれながら、そのまま昏睡して肉体ごとスモークみたくすーっと消えられたらきっと楽だろうにね、消えられていたら楽だったろ…

こてん(ぱん)

古語では「帰るさ」で帰り道のことを指すらしい。最近また久しぶりに古語辞典を読んで、面白い言葉をいっぱい発見してしまった。(やっとサ行まで到達した)古語辞典には、そんなことまで言葉にしちゃうの!ってくらいの特定の状況を指し示す言葉でも独立項…

土着と愛着

久しぶりに聞いたら、なんだか切なくなってきて、都会でのたくさんの楽しかった夜を思い出したりして、やっぱり関西も好きだなぁと思った。毎朝、田舎の住宅街を歩いてる時でも、音楽を聞いてると、心はいつも都会にあるし、「港町」という歌詞を聞くといつ…

考えすぎてるだけであってほしい

現状を見つめるため・また脳内を整理するためにごく個人的なことを書こうと思う。この夏休み中ずっと気にかかることがあった。勉強が思い通りに進まなかったこともそうだけど、家族についての悩みがあった。自分の家は共働きで、今小学5年生の妹がいる。そ…

反省

可愛さをアピールするための「女のあざとさ」というのは諸刃の剣だ。有名なもので言うと、自分の失敗を指摘されて目に涙を溜めて謝ってみせる、何かにつけて触る、二日酔いメイク、何でもかんでも可愛いと言う、などいろいろあるが、こんなのはまだわかりや…

近況

書けない!文章作成能力が著しく低下している。暇がないこと、音楽を聴くこと(インプット)に夢中になっていること、いろいろ要因はあれども、とにかく書けない!最近入れ込んでいる音楽のジャンルがあって、日本語で詳しく説明しているページがあまりないの…

「足を閉じて座りなさい」への違和感

制服が嫌というよりも、制服によって振る舞いを規定されるように感じることが不服なんだ。主にスカート。スカートを履くと“女性らしく”振る舞うことが暗に強制されているように感じる。だらしなくならないようにするには、椅子では足を閉じた方がいいとされ…

踊りたい朝から晩まで

現在のダンスミュージックは、様々なジャンルへと裾野を広げ、より大きく成長していることを日々実感している。それは音楽の嗜好から見た人々のポジションから考えてみても感じることで、いわゆるパリピと呼ばれる人たちにリスナーが多いEDMから、いわゆるオ…

春のせい

暇はノスタルジアを呼び起こす。生家が近々取り壊されるので、家まで帰る道すがら・散歩がてらに久しぶりに訪ねた。かつて、築の古い公団が塗り壁のような様相でいくつも立ち並んでいたその場所に立つと、おかしいほど澄んだ青空が開けていた。そこがすでに…

飲み込めない

物語に没入するということがなかなかできない。ときたま熱中すると、物語の筋だけを見つめて読み進められるときもあるが、だいたいの場合は、文章のレトリックやディティールなど、枝葉、いや花弁くらいの些細な部分、さもなければ、全体の空気感や時代設定…

言葉について(表現するための。)

以前は言葉で表現されていないもの全てを限りなく立体的に言葉で表現したいという野望があって、そのひとつとして音楽のレビューをライフワークにしたいくらいに思っていた。今はその対象についての見解は少し変わっていて、音楽や絵画の魅力を自分の数少な…

バレンタインについて思うこと

言いたかったことは言えないまま、飽きるほどの甘さだけ胃に残して今日がまた終わってしまいそう。普段特段会話もしないくせに、イベントごとになると急に交流しだす、ご近所付き合いしてるおばさんの感を帯びた取って付けたようなやり取りや、百均で量産さ…